洗練されたオフィスビルが企業価値を高めるPMOのスペック

スペック

  1. 野村不動産PMO
  2. PMOとは
  3. スペック

PMOのスペック自体が企業のロイヤリティを高める

ビジネス街の中心に存在感を示す、都市的に洗練されたフォルムの外観

PMOシリーズで継承される、ガラスカーテンウォールとPMOブラックのコントラストが、ビジネス街に独自の存在感を示します。
ハイグレードなオフィスビルに入居することで、企業イメージとロイヤリティがより高まります。

※物件により、仕様が異なる場合がございます。予めご了承ください。

上:「PMO八丁堀新川」外観/下:「PMO銀座八丁目」エントランス

ワンランク上の発想によるグレード感。
洗練されたオフィスビルが企業価値を高める

1階には天井高3.5m以上のゆったりとしたエントランス空間が広がります。
床・壁の石材や吟味された家具、光壁や間接照明による演出など、PMOならではのこだわりが訪れる人を心地よく迎えます。

「PMO秋葉原Ⅱ」エントランスホール

上質で格調高い
エントランスホール

  • 「PMO渋谷Ⅱ」多機能トイレ
    多機能トイレの設置

    車椅子利用者など、ハンディキャップのある方もご利用になれる多機能トイレを設置。障碍者雇用も可能となります。

  • image
    人命を守るAED設置

    大事な命を守るため、救急車が到着するまでの救命設置です。ロビー内に設置することで、誰もが安心して働けるオフィス環境を提供します。

  • 「PMO秋葉原Ⅱ」喫煙室
    テナント専用の喫煙所

    ICカードによる入室管理で部外者の使用を防ぐとともに室内には火災センサーを設置し安全性にも配慮しています。

  • ロビーに微かなアロマの香り

    来訪者を、PMOオリジナルアロマの香りが心地よくお迎えします。

  • 高効率空調システム

    省エネも配慮しながら、一年を通じて快適な空間を提供します。

  • エントランスの天井高3.5m

    天井高を高くすることで、開放感あふれる空間設計としています。

独立性の高いワンフロア・ワンテナント設計

独立性の高いワンフロア・ワンテナント設計で、テナント企業のプライバシーを確保します。
天井高2.7m以上、明るく開放感のある無柱空間と、働きやすさを追求したスペックを標準仕様にしています。

※物件により、仕様が異なる場合がございます。予めご了承ください。

「PMO八丁堀Ⅱ」貸室

ワンランク上のスペックを
標準装備

Low-Eペアガラスのカーテンウォール

ガラスカーテンウォールにより明るく開放感のある貸室を実現。さらに、遮熱・断熱性に優れるLow-Eペアガラスを採用することにより、省エネや空調コスト削減にも貢献します。

グリッド式システム

細かいモジュールのグリッド式システム天井を採用。照明器具や間仕切り壁の追加・変更を容易にし、レイアウトの自由度を高めます。

照明システム

長寿命と消費電力削減を実現するLED照明を採用。セキュリティ連動による消し忘れ防止、および机上照度750lx(500㏓に一括切り替えも可能)を保つ自動調光システムにより、省エネ環境を提供します。

個別空調

細かく分割されたゾーンごとに、運転・停止、冷暖房切替え、温度設定が可能。夜間や休日など、多様なシーンで効率よく使用でき、快適性と省エネを実現します。

仕事のモチベーションを上げる、充実したアメニティ

コミュニケーションを促進するリフレッシュコーナーには上質なパントリーを。2
毎日使うレストルームは落ち着きのあるデザインとし、小物入れも設置しました。いつでも清潔に使えるよう、
清掃会社がアメニティスペースの清掃、備品交換サービスを行います。

左:「PMO銀座八丁目」トイレ/右:「PMO銀座八丁目」パントリー

ビジネスの安心・安全を揺るぎないものに。
強固なセキュリティ環境がクライアントの信頼を勝ち取る。

PMOは5段階のセキュリティシステムを導入。
緊急時も24時間365日体制で、野村COAセンターのオペレーターが対応します。

「PMO平河町」1階セキュリティゲート

ビジネスの安心・安全を支える5段階のセキュリティライン

  • image photo

    夜間など一定時間はメインエントランス・通用口とも施錠し、部外者の侵入を防止。関係者は通用口よりICカードを利用して入館可能です。

  • image photo

    1Fロビーとエレベーターホールの間には、セキュリティゲートを設置。来訪者はPMOオリジナル受付システムで貸室に連絡できます。

  • image photo

    各フロアの最終退館者がビルを退館した時点で、自動的にエレベーターはそのフロアに不停止となります。

  • image photo

    ワンフロア・ワンテナント設計および、入口にICカードリーダーを設置することで、部外者の侵入を防止。社員の入館履歴を記録管理することが可能です。

  • image photo

    貸室内には人感センサーを設置。警備セット中に不審者が侵入した場合には、警報を発して直ちにセキュリティセンターへ異常を知らせます。

地震や自然災害を見据え、強固な躯体を採用。
入居テナントの事業環境を守ります。

新耐震基準1.5倍相当の耐震強度を持つ「Ⅰ類構造体」を採用

「PMO」では、社団法人公共建築協会が定める「官庁施設の総合耐震計画基準」に基づき、「官公庁、病院、消防局、警察署など災害対策拠点として利用される、特に強度が求められる施設」に分類されるⅠ類構造体に準じた構造体を採用しています。このⅠ類構造体とは、建築基準法で定められた耐震基準の約1.5倍の強度を持つ建物であることを示しています。

耐震性能に優れた「CFT造」を採用

「PMO」の躯体システムには、鋼管内にコンクリートを充填した柱を使用する「CFT造」を採用しています。従来の鉄骨造に比べ耐震性能に優れ、信頼度の高いオフィスビルとして機能します。

非常時でも安定した電力の供給を確保

「PMO」では、災害時・停電時の予備電力を確保するために、2回線受電方式や、テナントも利用できる非常用発電設備を採用。
電力の安定供給に取り組むことで、企業の事業継続性に大きく配慮したビジネス環境を整えています。

※物件により、仕様が異なる場合がございます。予めご了承ください。