SERVICE MAGAZINE|PMO公式サイト|野村不動産のプレミアムミッドサイズ賃貸オフィス

SERVICE MAGAZINE

  1. 野村不動産PMO
  2. SERVICE MAGAZINE
  3. #2 「働き方改革」を「働きがい改革」へ。
  • #2「働き方改革」を
    「働きがい改革」へオフィスとは、そのための”ツール”です。

「働きやすさ」を「ワーク・モチベーション」向上へ

前回は、「働き方改革」によって「時間」の効率化・合理化が進む中で、『アウトプットの質を高めるため』にいかにオフィス環境が寄与できるかをお話ししました。
大切なのは、心・身体・そして頭をフレッシュ=健康にするための職場環境。その中で今回は、「心」にフォーカスしたいと思います。
『アウトプット』の質を高めるために「心」に働きかけることができるものとは何でしょうか?「心」に生じるべきものとは何でしょうか?

「働き方改革」によって『時間』という価値が短縮化・効率化することは、社員の心の健康を維持し「働きやすさ」を向上することに貢献することでしょう。しかしながら、「働きやすさ」だけではアウトプットの質の向上には結び付きません。ひとりひとりの「心」が「働きやすさ」と共に感じるべきもの、それは「働きがい」「やりがい」、すなわち「ワーク・モチベーション」と呼ばれるものです。

理想的なオフィスとは、「人間主体の空間」である

それでは、ワーク・モチベーションを高めるためのオフィスとはどのようなオフィスでしょうか?
社員のモチベーションを上げるグレード感や機能性を求めれば、オフィスのサイズはどうしても広くなりすぎてしまいます。人数に合わせた広さで選ぼうとすると、グレード感が失われてしまいがちです。
そんなオフィス選びに陥ってはいませんか?
それは、設備や広さといった器を主体にした思考だからです。人数にふさわしい面積、人数分のデスク数。しかしながら働くのは人間。空間を先に発想してしまうと、肝心の「人間」を見落とした働き方改革になってしまうのではないでしょうか。

ニーズが高い「自席まわり」と「コミュニケーションの場」について

オフィス家具メーカーの株式会社オカムラが、「はたらく」を共に考え、描くための活動「WORK MILL」の調査によると、男女差はあるものの働く方の多くは、「自席まわり」と「コミュニケーションの場」の2つのスペースを重要視しています。また前回コラムでお話しした、「脳、心や体」をフレッシュにする、健康にするという観点から、「気分転換や息抜きのしやすさ」を重要視している点も注目です。

出典:株式会社オカムラ「OFFICE SURVEY REPORT」(https://workmill.jp/news/20181116_2.html

出典:株式会社オカムラ「OFFICE SURVEY REPORT」(https://workmill.jp/news/20181116_2.html

「働き方改革」に即したワンランク上の空間設計、それがPMO

「PMO」のホテルライクで清潔感のあるパントリーは、ご入居テナント様によって電子レンジやコーヒーメーカーなどを設置されている企業が多く、社員の息抜きとしてはもちろん、コミュニケーションの場としてのご利用いただいており、社員のモチベーション向上の場ともなっています。

天井の高さと大きな開口部が自席まわりのゆとりを高め、働く時間の中でのオン・オフ、そして個・集を、快適にスイッチングしてくれるオフィス。動線となるエントランスは、デザインの上質さや空間のゆとりだけではなく、オリジナルアロマを配置し薫りにまでこだわっています。

PMOのコンセプトの一つに、「社員のモチベーション・コミュニケーションを刺激」するロイヤリティ向上があります。それは、オフィスを「人間主体」で考え、「働く人の意思を実現させる」という新しい哲学による設計が実現するもの。オフィスを、さまざまなアプローチで五感を刺激する「生活空間」として発想しているからこそ、コミュニケーション空間や気分転換・息抜きの場が、上質なクオリティで、使いやすく機能的にデザインされています。

「働く人の意思を実現させる」それがPMOのデザインコンセプト

今、企業は「働き方改革」という新しいテーマを求められています。つまり、オフィスそのものも新しい能力を求められているのです。社員の目線に立った「生活空間」としての資質、社員一人一人の「健康」を実現できるアメニティこそが、「働き方改革」を実現していくのではないでしょうか。

「働き方改革を実現するツールとして考え抜かれたオフィス」

それが、野村不動産がご提案する、オフィスというツールによる企業の皆様への価値提供です。

  • 野村不動産では「幸せな働き方を、オフィスから考える。」を
    スローガンとしたサービス付小規模オフィス「H1O」も展開

    スタートアップ企業やフリーランサーはもちろん、プロジェクト単位のサテライトオフィスとしても。
    野村不動産では、少人数オフィスにおいても、「個」の心身の健康や、行き届いたサービスによる快適性・利便性にこだわった空間価値を提供しています。

たった10分で、オフィス戦略に有効な「気づき」を。
2021年度のメルマガのコラムの内容を刷新します。

毎月皆様にお届けして参りましたメルマガのコラムの連載内容を刷新し、オフィスというツールを用いて、「気づき」を与えられるような内容を配信して参ります。
今月4月は、今まさに各社が実践中である、働き方改革や生産性向上の観点を配信させていただきました。
長時間労働から長期間労働へ変革するために必要なツールは何かを検討いただき、社員の能力を最大限発揮できるオフィスというツールが整っているか、是非検証してみていただければ幸いです。

5月以降の配信メニューは以下を予定しています。

配信月 内容
4月 「働き方改革」とは何を変えることでしょう?
5月 オフィスというツールで働き方改革の推進を
6月 意外と知らないオフィス移転のタイミング
7月 少数精鋭企業はオフィスの力が必須
8月 オフィスの力で採用・企業価値向上を
9月 上期の総集編

記事一覧

資料請求
お問合わせ

MENU