BCP & ECO 時代が求める基準にあわせて進化する企業サポート力。

BCP SUPPORT

病院・警察署などと同等クラス以上の耐震構造を採用。

「PMO新日本橋」では、一般社団法人公共建築協会が定める「官庁施設の総合耐震計画基準」に基づき、「病院、警察署など災害対策拠点として利用される、特に強度が求められる施設」に分類されるⅠ類構造体に準じた構造体を採用しています。Ⅰ類構造体とは、建築基準法で定められた耐震基準の1.5倍の強度を持つ建物であることを示しています。

強化した耐震構造を採用。

非常時の「必要品」を、事前に備える。

災害などの非常時に役立つ災害用備品などを標準装備。いざという時にも安心できる環境を整えています。
屋上には、入居テナント専用の非常用発電機スペースを確保。電源装置等を設置することで災害・停電時の備えとして機能します。

非常時の「必要品」を、事前に備える。

ECO エコロジーとエコノミーを両立させる地球と人にやさしいオフィスビル。

消費電力を抑えるLED照明を専有部にも設置。

エネルギー消費量最大48%削減

専有部には、長寿命で消費電力を抑えることができる「LED照明」を設置しています。

電気使用量を「見える化」。

専用のタブレットでフロア内の電気使用量が確認可能。USBメモリーを使って出力する事が可能です。

参考写真

建物の環境性能を評価する「CASBEE」でAランクを取得予定

「CASBEE」とは、温暖化対策推進条例による「建築物環境性能表示」をもとに建物の環境性能を総合的に検査する評価システムのこと。「PMO新日本橋」は、このCASBEEにおいて環境性能が高いことを示すAランクを取得予定です。

「CASBEE」ロゴ

PAGE TOP