スペック 機能性とグレードを兼ね備えた、快適なビジネス環境。

  • 外観
  • 共有部
  • 専有部
  • セキュリティ

靖国通り沿いに存在感を示す、スタイリッシュなデザイン。

  • PMOシリーズ全体で継承されている、全面ガラス張りのデザインとブラックとのコントラストが、靖国通り沿いに独自の存在感を主張。ビジネスの中心に誕生するハイグレードかつスタイリッシュなオフィスビルが、企業のイメージを高めます。
  • 立面図

※掲載の完成予想CGは計画段階の図面を基に描いたもので実際とは多少異なります。各種機器、配管、素材は省略および簡略化しております。

前面道路からの奥行きが上質な空間へと誘う格調高きエントランス。

エントランス完成予想図

前面道路からエントランスまでは奥行きを約15約メートル確保。
天井高3.5mの格調高きエントランスホールには、
PMOオリジナルのアロマが香ります。
また、テナント専用の喫煙室や多目的トイレなど、
便利な設備も充実しています。

■1階基準階平面図

1階平面図

細部までこだわった先進システムが社員の想像力を引き出す。

特徴

天井高2.7mの明るく開放的な無柱空間。

高さ2.7mの大型窓から外光を取り入れることができる明るく開放的なオフィス。柱を壁面に配置し無柱のフロア空間にすることで、自由度の高いオフィスを実現しました。

室内フロアイメージ

貸室内自動調光

光センサーで室内の光を感知し、自動で明るさを調節する省エネ型の照明器具を採用。快適性を損なわずに消費電力を抑えることができます。

貸室内自動調光 概念図

4分割の個別空調が快適なオフィス環境を実現。

細かく分割されたゾーンごとに冷暖房の切り替え、温度設定が可能です。こまめな操作で快適性と省エネを実現できます。また、グリッド式のシステム天井の採用で無駄の少ないフレキシブルなレイアウトを可能にします。

個別空調4ゾーン

省エネ建材 Low-Eペアガラス

Low-Eペアガラス概念図

防音・防犯機能を備え、遮熱性と断熱性に優れた複数ガラスです。太陽の可視光線を最大限に透過し、人体に有害な紫外線や赤外線を大幅にカット。冷暖房効率を高め、働く人の快適性の実現と入居テナントの光熱費コスト削減に貢献します。

エレベーターホール

迎えの場としてしつらえたのが、各階に設置したエレベーターホールです。エントランスとして利用ができる空間は、広く開放的で、落ち着いた雰囲気の仕上げとしました。心地よい出会いを演出する、オフィスの顔にふさわしい空間です。

個別空調概念図

エレベーターホール
※掲載のイメージ写真はPMO日本橋室町のもので、「PMO神田岩本町」とは異なります。

600×600mm グリッド式システム天井

細かいモジュール設定により、自由なオフィスレイアウトを実現。照明器具の移設や、間仕切りの追加・変更も可能です。また、天井内部には落下防止の補強をおこなっています。

システム天井図

リフレッシュコーナー

コミュニケーションの活性化がきるリフレッシュコーナーには上質なパントリーとカウンターを設置したオープンタイプを採用しました。

リフレッシュコーナー参考写真

リフレッシュコーナー
※掲載のイメージ写真はPMO秋葉原Ⅱのもので、「PMO神田岩本町」とは異なります。

レストルーム

毎日使うレストルームには落ち着きのあるしつらえと小物入れを採用。いつでも清潔に使えるよう、契約清掃会社がアメニティスペースの清掃、備品交換サービスを行います。

レストルーム参考写真

レストルーム
※PMO神田岩本町モデルオフィス(平成29年2月撮影)

※掲載の図面は、計画段階の図面を基に描いたもので実際とは多少異なります。また、各種機器、配管、素材および周辺建物・電柱・架線等は省略および簡略化しております。

安全・安心を支えるセキュリティシステムを採用。

ビジネスの安心・安全を支える5段階のセキュリティライン

警備会社と連携した先進のセキュリティシステムを導入する「PMO神田岩本町」。オフィスワーカーの安全を守るのはもちろん、大切な企業資産や顧客情報の保護にも配慮し、24時間365日安心して働ける厳重なセキュリティを構築しています。

メインエントランス

開館時間外は、メインエントランス・通用口とも施錠。夜間や休日は、通用口よりPMO専用ICカードを利用して24時間入館可能です。

※日中時のメインエントランスは施錠していません。

セキュリティゲート

1階セキュリティゲートにはICカードリーダーを設置し、来訪者向けにタッチパネル式のPMOオリジナル受付システムを採用。貸室内のモニターから来客の映像を確認し、遠隔操作でゲートを開錠できます。

エレベーター

各フロアの最終退館者がビル退館時に警備をセットすると自動的にエレベーターはそのフロアに不停止となります。

貸室フロア

1フロア1テナントの独立性を確保。入口にはICカードリーダーを設置しているので、不審者の侵入を防止し、大切な企業の情報とワーカーの安全を守ります。

貸室内

万一に備えて貸室内に人感センサーを設置。警備セット中に不審者の侵入や、何らかの異常が生じた場合、警報を発して警備会社が速やかに対応します。

平面図

PAGE TOP